オペラ御殿 メインメニューに戻る

1816-2




LA GAZZETTA

初演:1816年9月26日、ナポリ、フィオレンティーニ劇場
台本:ジュゼッペ・パロンパ




あらすじ

第1幕
 パリ。旅人たちが世界を巡り歩く素晴らしさを述べている。青年アルベルトは、世界中捜しても理想の女性に会えないことを嘆いている。ラ・ローゼ夫人、トラヴェルセン氏が加わり、皆で新聞を読み出す。アルベルトは、パリでも理想の女性がみつからないとラ・ローゼ夫人にこぼす。
 ナポリ人の元商人で大金持ちのドン・ポンポーニオが登場。彼は娘リゼッタの婿探しに新聞広告を出したので、きっと世界中の男が殺到するだろう、と捲くし立てる。ところがその広告を読んだラ・ローゼ夫人とトラヴェルセン氏は大笑い。広告の主がポンポーニオだと分かり、二人は好奇心から彼に話し掛けるが、だんだん険悪になってしまい、アルベルトが止めに入る。
 宿。主のフィリッポが、新たな外国人客が来ると給仕たちに指図をしている。この宿には既にポンポーニオ父娘が滞在中で、フィリッポはポンポーニオの娘リゼッタと恋に落ちている。そのため、彼は新聞広告の件で頭を悩ませている。商人アンセルモが娘のドラリーチェと宿に到着し、部屋に案内される。リゼッタが登場。何不自由なく育った成り金の娘らしく、楽しむためにお金をたくさん使いたいわ、と歌う。そこに新聞広告に興味を持ったアルベルトが宿を訪れ、冷やかし半分でリゼッタへの候補者に志願する。困ったフィリッポは、リゼッタを自分の妻だと紹介してその場を凌ぐ。するとアルベルトは、一人でやってきたドラリーチェを新聞広告の娘だと思い込み、いきなり求婚をする。突然のことに不信がるドラリーチェに、あなたの父親が新聞広告を出したのです、と説明、彼女はショックを受ける。冷やかしのつもりのアルベルトだったが、ドラリーチェを愛してしまい、ポンポーニオに「娘さん」と結婚させてほしいと願い出る。ポンポーニオが、アルベルトでは名前が平凡すぎるとケチをつるので、アルベルトはマケドニアのフィリッポ王の末裔だとハッタリをかます。これにポンポーニオは喜び、リゼッタに「フィリッポ」との結婚が決まった告げる。相手がフィリッポと聞いて喜ぶリゼッタ。しかし一同が集まると、どうも話が噛み合わない。結局、リゼッタとフィリッポが恋仲と判明、ポンポーニオは怒り出す。彼は仕返しに自分の嫁探しの新聞広告を出そうとするが、間抜けな従者トンマジが「ガリア娘 gallina =フランス娘」を「雌鶏 gallina」と勘違いしてポンポーニオを呆れさせる。そこにドラリーチェがやって来て、恋をしてしまった心情を明かす。
 ポンポーニオは、宿の主の分際でうちの娘と結婚する気か、とフィリッポに文句を言う。しかしフィリッポは、娘さんが新聞広告の件で腹を立て、その仕返しのため一芝居打ち、自分はそれに加担しただけだ、と誤魔化す。そしてポンポーニオを信用させるために、その場にいたラ・ローゼ夫人を妻ということにしてしまう。さらにフィリッポは、もうすぐ金持ちのクウェーカーがリゼッタに求婚に来ると告げる。入れ替りに現れたリゼッタもクウェーカーの話題を切り出すが、ポンポーニオからフィリッポが既婚者だと聞かされ、彼女は裏切られたと勘違いする。父の言うことを聞けというポンポーニオに対して、リゼッタは、女は自由にさせておくべき、と言い返して丸め込んでしまう。  クウェーカーの紳士(フィリッポの変装)が従者たちを引き連れて現れ、広告を見て応募しに来たと告げる。ポンポーニオは彼を気に入るが、フィリッポに裏切られたと思い込んでいるリゼッタは、どんな人だか良く見なきゃダメ、と言い出し、芝居がバレそうになる。一同の混乱で幕となる。

第2幕
 宿。トラヴェルセン氏はアンセルモと落ち合い、早速ドラリーチェとの結婚を申込む。アンセルモは乗り気だが、アルベルトを愛しているドラリーチェは困ってしまう。ラ・ローゼ夫人は、結婚は迅速にすべき、と助言する。トラヴェルセン氏からドラリーチェの婚約を聞かされたアルベルトは、フィリッポに相談することにする。そのフィリッポは、未だ怒りの収まらないリゼッタに釈明するが、彼女は納得してくれない。しかしフィリッポが自殺を仄めかすと、リゼッタも意地を張り続けられず、二人は仲直りする。一方、アルベルトは、やっと見つけた愛が失われそうになり、苦しんでいる。だがフィリッポから、ドラリーチェもアルベルトを愛していると聞かされ、希望を取り戻す。そしてフィリッポは、ポンポーニオを足止めさせるため、彼に決闘を申し込んだので、アルベルトも加わるよう要請する。
 庭。フィリッポがポンポーニオに、クウェーカーたちが帰ってしまったのはあなたが無礼な真似をしたからだ、と決闘を申込む。二人が戦っていると、アルベルトが、娘との結婚を認めておいて反故にした、とこれまた決闘を申し込む。まずフィリッポとアルベルトが決闘を始めるが、フィリッポが、宿の主人としては客人を優先せねばならない、まずポンポーニオとアルベルトの決闘を先にすべきだ、と言い出し、ポンポーニオは仰天。結局和解してしまう。
 部屋。ドラリーチェがリゼッタに、偽のトルコ人の仮面舞踏会を説明している。皆でトルコ人に変装して正体を隠し、その混乱に乗じて駆落ちをするのだ。そこにポンポーニオが、宿を出発すると娘を呼び出すので、リゼッタは気絶するふりをしてとりあえずの出発を延ばす。そして彼女は、明日になって自分がいなくなっても知りませんよ、と父に警告する。そのポンポーニオもフィリッポから、娘を見張るためトルコ人の扮装をして仮面舞踏会に参加するよう告げられる。そして、もし娘さんが大金持ちのトルコ男と結婚したら、世界中から祝福されるでしょう、と大げさに歌う。
 仮面舞踏会の会場。皆がトルコ風の扮装をしており、ポンポーニオは娘を見分けられず当惑している。フィリッポとリゼッタ、アルベルトとドラリーチェは、会場を抜け出し結婚してしまおうと目論む。一方ポンポーニオは、娘が見つからないと騒ぎ始める。ドラリーチェが姿を消したので、アンセルモとトラヴェルセンも駆けつけるが、ラ・ローゼ夫人から、娘さんたちはもう結婚してしまったと告げられる。アルベルトとドラリーチェ、フィリッポとリゼッタがそれぞれ許しを請う。ついにポンポーニオも折れ、めでたしで幕となる。


 クエーカー Quakerとは、17世紀で英国で設立されたキリスト教集団「友の会 Society of Friends」会員を指す俗称。quakerとは文字通りには「震える人」である。《新聞》では、オランダから来た伝道師という設定になっている。

Cincia Forte, Marisa Martins, Agata Bienkowska, Charles Workman, Simon Orfila, Marc Canturri, Pietro Spagnoli, Bruno Praticò
Orquestra de l'Acadèmia del Gran Teatre del Liceu, Intermezzo Choir Maurizio Barbacini
Barcelona, 1 & 3 July 2005
OPUS ARTE OA0953D (DVD NTSC)

Stefania Bonfadelli, Marisa Martins, Laura Polverelli, Antonio Siragusa, Giampiero Ruggieri, Christophoros Stamboglis, Pietro Spagnoli, Bruno Praticò
Coro da Camera do Praga, Orchestra Givanile del Festival
Maurizio Barbacini
Pesaro, 11, 14, 17, 20, 22, 24 August 2001
ROSSINI OPERA FESTIVAL 10043

Teresa Verdera,Mojka Vedernjak, Angelika Kirchhof, Patrizio Saudelli, Christian Tschelebiew, Kasimierz Sergiel, Gianpiero Ruggeri, Ezio Maria Tizi
Kammerchor Motet et Madrigal Posen, Minsk Orchestra
Wihelm Keitel
Rügen, 22 & 23 July 1995
Deutsche Schallplatten DS 1053-2

Gabriella Morigi, Barbara Lavarian, Adriana Cicogna, Paolo Barbacini, Giacomo Colafelice, Giuseppe de Matteis, Armando Ariostini, Franco Federici,
Coro Francesco Cilea, Orchestra Sinfonica di Piacenza
Fabio Luisi
Savona, 14 November 1987
BONGIOVANNI GB 2071/72-2

Eva Czapò, Benedetta Pecchioli, Marissa Brumby, Giuseppe Baratti, Gino Orlandini, Giovannni Faverio, Gian Carlo Ceccarini, Mario Chiappi
Coro e Orchestra della Radiotelevisione della Svizzera Italiana
Bruno Rigacci
Lugano, January 1977
NUOVA ERA 1172


OTELLO

初演:1816年12月4日、ナポリ、フォンド劇場
台本:フランチェスコ・マリア・ベリオ
原作 ウィリアム・シェイクスピア William Shakespeare(1564−1616)の悲劇『オセロー Othello』(1602)
→ジャン=フランソワ・デュシス Jean-Francois ducis の翻案(1794年出版)
→デュシスのイタリア語訳(1800年刊)
→1813年10月7日、男爵ジョヴァンニ・カルロ・コセンツァ Giovanni Carlo Cosenzaがトレドの自邸で《オテッロ》を上演(ハッピーエンド)。


作曲

(準備中)
 《オテッロ》は本来、秋のシーズンのための新作でした。台本が検閲から認可を受けたのが9月13日、初演予定は10月10日でした。
 しかし、前年1816年暮れから滞在したローマで、アルジェンティーナ劇場からの急な新作依頼に応じたことで(これはかの有名な《セビリアの理髪師》になります)、その後の予定が大幅にずれてしまったようです。ロッシーニはナポリに戻るのが遅れ、ナポリでの春のシーズンの上演が考えられていたと思しき《新聞》が秋に押してしまいました(初演は1816年9月26日、フィオレンティーニ劇場)。


1816年
2月13日 サンカルロ劇以上が火災で焼け落ちる。
2月20日 《セビリアの理髪師》初演。ローマ、アルジェンティーナ劇場。
3月頃 ナポリに戻る。
4月24日 カンタータ《テーティとペレオの結婚》初演 王室の結婚式のための機会作品。
9月頃 台本製作。9月13日に検閲を通る。
9月26日 《新聞》初演。フィオレンティーニ劇場。
10月10日 初演が予定されていたが、ロッシーニの作曲が遅れたため延期。
12月4日 《オテッロ》初演。フォンド劇場。

1817年
1月12日 サンカルロ劇場が再開場。
1月18日 《オテッロ》30回目の上演。


台本

 台本を手掛けたフランチェスコ・ベリオ・ディ・サルサ Francesco Berio di Salsa(1765−1820)は、職業台本作家ではなく、ナポリの貴族です。劇に造詣が深かったと伝わっています。ロッシーニのオペラでは《リッチャルドとゾライデ》(1818年)の台本も手掛けており、またジョヴァンニ・シモーネ・マイールの《コーラ》(1815年)の台本も提供しています。

 ベリオ・ディ・サルサの台本は、シェークスピアの『オセロー』とは相当異なります。舞台は、キプロス島には移らず、ヴェネツィアのみですし、イヤーゴはあくまで裏で陰謀を操る人物で、あまり表には出ません。またデズデーモナは刺殺されるという点でも違いがあります。
 これは、ヴェルディの場合と異なり、ロッシーニの《オテッロ》が直接シェイクスピア『オセロー』を原作としていないからです。デュシスの翻案(フランス語)のイタリア語訳が基になっています。また、1813年に演劇好きの貴族コセンツァがトレドの自邸で《オテッロ》を上演した際に、ゴンドラ漕ぎの歌の場面が加えられていたそうです。
 したがって、ロッシーニの《オテッロ》を、シェイクスピアの『オセロー』や、ヴェルディの《オテッロ》と比較してどうこう言っても、あまり意味のないことだと思います。1818年にヴェネツィアで《オテッロ》を観たバイロンが、「シェイクスピアの『オセロー』は犠牲にされていました[…]ひどいのは台本と歌詞です。イヤーゴを巡る重要な場面は全て削除され、その代わり[…]ハンカチは手紙に変わってしまいました」と嘆くのは、英国人バイロンであればしかたないことなのかもしれませんが、ロッシーニの《オテッロ》は、別の美学に立脚している作品といって良いでしょう。


初演

 《オテッロ》の初演は、予定より大幅に遅れ、1816年12月4日に、ナポリのフォンド劇場で行われました。  初演の出演者は、以下のような人たちでした。


OtelloAndrea Nozzaritenore
DesdemonaIsabella Colbransoprano
ElmiroMichele Benedettibasso
RodrigoGiovanni Davidtenore
JagoGiuseppe Ciccimarratenore
EmiliaMaria Manzisoprano
LucioNicola Mollotenore
DogeGaetano Chizzolatenore
Gondliero(Nicola Mollo?)tenore

 アンドレア・ノッツァーリ(1775−1832)は、サンカルロ劇場の看板テノールの一人。当時既に40代後半の大ベテランでした。ロッシーニ作品では、《エリザベッタ》でのレイチェステル、《テーティとペレオの結婚》でのジョーヴェ、《オテッロ》のタイトルロール、《アルミーダ》でのリナルド、《リッチャルドとゾライーデ》でのアゴランテ、《エルミオーネ》でのピッロ、《湖の女》でのロドリーゴ、《マオメット2世》でのパオロ・エリッソ、そして《ゼルミーラ》でのアンテーノレを創唱しています。「テノーレ・バリトナーレ」といわれる、太い声に加えてファルセットーネで高い音域を歌える歌手で、実際バリトン役も歌ったことがあるそうです。
 イザベラ・コルブラン(1784−1845)は、当時のナポリのプリマドンナ。1813年春からサン・カルロ劇場を拠点としていました。ロッシーニ作品の初演に多く関わり、《エリザベッタ》のタイトルロール、《オテッロ》でのデズデーモナ、《アルミーダ》のタイトルロール、《エジプトのモゼ》のエリーチャ、《リッチャルドとゾライーデ》でのゾライーデ、《エルミオーネ》のタイトルロール、《湖の女》でのエレナ、《マオメット2世》でのアンナ、そして《ゼルミーラ》のタイトルロールを創唱しています。《ゼルミーラ》初演直後、1822年3月16日にロッシーニと結婚してます。
 ジョヴァンニ・ダヴィド(1790−1864)は、若い世代のトップテノール。ロッシーニとは非常に関係が深く、《イタリアのトルコ人》のナルチーゾ(スカラ座)、《テーティとペレオの結婚》のペレオ、《オテッロ》のロドリーゴ、《リッチャルドとゾライーデ》のリッチャルド、《湖の女》のジャコモ5世、《ゼルミーラ》のイーロを創唱しています。また《パルミーラのアウレリアーノ》のタイトルロールも、本来ダヴィドが創唱するはずだったのですが、病気でキャンセルしています。
 ジュゼッペ・チッチマルラ(1790頃−1840頃)は、1816年から26年までナポリの諸劇場で、その後ウィーンの劇場で、主として脇役、準主役として活動。ロッシーニのオペラの初演では、《オテッロ》のイヤーゴ、《アルミーダ》のゴッフレードとカルロ、《エジプトのモーゼ》のアロンネ、《リッチャルドとゾライデ》のエルネスト、《マオメット2世》のコンドゥルミエーロを歌っています。


音楽


あらすじ

登場人物
オテッロ ヴェネツィアに仕えるアフリカ人 テノール
デズデーモナ オテッロの愛人で秘密の妻、エルミーロの娘 ソプラノ
ロドリーゴ 
エルミーロ バス
イヤーゴ オテッロの表にならない敵、ロドリーゴの政友 テノール
エミーリア デズデーモナのお付き ソプラノ
ルーチョ オテッロの腹心の部下 テノール
総督 テノール

第1幕
 トルコとの戦いに勝利したオテッロが帰還し、人々が彼を讃え出迎える。オテッロは総督の元へ向かい、勝利を報告する。褒美を問われると、ヴェネツィアの市民として認められれば十分と答える。総督はそれを認める。オテッロは喜びつつ、それ以上にデズデーモナの愛を得たいと、愛の神に祈る。一方、恋敵であるロドリーゴには、オテッロが我慢ならない。人々はオテッロを祝宴へと導く。
 ロドリーゴは、デズデーモナの父、エルミーロに彼女の様子を尋ねるが、いい返事を得られない。オテッロに恨みを持つイアーゴは、ロドリーゴへの協力を約束する。イアーゴとロドリーゴは友情を誓う。
 泣いているデズデーモナを、侍女のエミーリアが慰めている。そこにイアーゴがやって来るので、デズデーモナは立ち去る。かつてデズデーモナから袖にされたイアーゴは、ロドリーゴを利用して復讐するつもりなのである。エルミーロは、イアーゴに婚礼の準備を命じ、ロドリーゴにはデズデーモナとの結婚を約束する。エルミーロはデズデーモナに、結婚は隠しつつ、娘に「褒美」を与えると告げる。デズデーモナは父の言葉を不思議に思う。エミーリアは、エルミーロがオテッロへの憎しみを和らげたのだろうとデズデーモナを励ます。
 広間。人々が婚礼を祝っている。エルミーロがデズデーモナをロドリーゴと結婚させようと連れてくる。エルミーロとロドリーゴはデズデーモナを説得しようとするが、彼女は戸惑うばかり。そこにオテッロが押し入る。一同に緊張が走る。オテッロはデズデーモナと愛の誓いを交わしたことを明かし、それに激怒したエルミーロは、娘を呪ってしまう。一同の混乱で幕となる。

第2幕
 ロドリーゴがデズデーモナを尚も説得しているが、デズデーモナは自分が既にオテッロの妻であることを明かす。ロドリーゴはショックを受け、デズデーモナを詰る。デズデーモナは、オテッロとの結婚を明かしたことで、オテッロがさらに苦しい立場になるのではと不安に思う。
 一方オテッロは、デズデーモナが結婚寸前だったことを苦しんでいる。イアーゴが現れ、言葉巧みにオテッロの疑念を掻き立てた上で、デズデーモナの手紙を渡す。オテッロはそれを、彼女がロドリーゴに宛てたものだと思い込み、デズデーモナを殺し、それから自分も死のうと決意する。イアーゴはほくそえむ。
 ロドリーゴが現れ、オテッロと決闘になる。二人はそれぞれ相手を挑発し、斬りつける。そこにデズデーモナが駆けつけ、二人を止める。しかしオテッロとロドリーゴは、別の場所へと決闘に向かう。デズデーモナは気を失ってしまう。エミーリアの介抱でデズデーモナは意識を取り戻す。彼女は、オテッロの命が助かるよう天に祈る。女性たちがやって来て、オテッロの勝利を伝える。喜ぶデズデーモナ。しかしエルミーロ、娘が許しを請うにもかかわらず、再び娘を非難する。

第3幕
 寝室。デズデーモナは嘆き、それをエミーリアが慰めている。外から、ゴンドラ漕ぎの悲しげな歌が聞こえてくる。デズデーモナは、柳の木の下で死んだ哀れなアフリカ女イザウラを思い出し、その悲しい物語を歌う。デズデーモナはエミーリアを退かさせる。デズデーモナは神に祈り、死んだら墓にオテッロが詣でに来てほしいと願う。
 デズデーモナが寝入ると、オテッロが部屋にやって来る。オテッロは妻を殺すつもりだが、彼女の寝顔を見て、その美しさにためらってしまう。しかし、デズデーモナの「愛する人」という寝言を、オテッロはロドリーゴのことと思い、怒りをぶり返す。目を覚ましたデズデーモナは、自らの潔白を主張する。雷の轟く中、オテッロはデズデーモナに迫る。デズデーモナは、死を受け入れ、オテッロの短剣に突き抜かれる。しばらくの静寂の後、ルーチョが現れ、イアーゴの悪事が明らかになったと伝える。ドージェ、エルミーロ、ロドリーゴらもやってきて、全てが許されたとオテッロに告げる。全てを悟ったオテッロは、デズデーモナの亡骸を示し、自らに短剣を突き刺して自害する。

Bruce Ford, Elizabeth Futral, William Matteuzzi, Juan José Lopera, Enkelejda Shkosa, Ildebrando d'Arcangelo, Ryland Davies, Dominic Natoli, Barry Banks
Philharmonia Orchestra, Geoffrey Mitchell Choir
David Parry
London, September & October 1999
Opera Rara ORC 18

フォードが大変素晴らしいオテッロを聞かせてくれます。フトラル、ロペラも上々。マッテウッツィが不安定なのが残念です。
パリーの指揮も手際の良いもの。
CD3枚にして、ハッピーエンド版のエンディングなどの補遺をたっぷり収録してくれています。

José Carreras, Frederica von Stade, Salvatore Fisichella, Gianfranco Pastine, Nucci Condo, Samuel Ramey, Keith Lewis
Philharmonia Orchestra, Ambrosian Opera Chorus
Jesús López-Cobos
London, September 1978 PHILIPS 432 456-2

今日でも通用しそうなのはエルミーロ役のレイミーだけでしょう。カレーラスのオテッロは、かなり健闘していますが、ロッシーニのスタイルではありません。フォン・シュターデ、フィシケッラなどの歌手は、いずれも余り関心できません。

Irine Ratiani, Patrizia Ciofi, Simon Edwards, Gregory Bofatti, Soon-Won Kang, Barbara Vivian, Salvatore Cordella, Daniele Gaspari, Alessandro Codeluppi
Bratislava Chamber Choir, Orchestra Internazionale d'Italia
Paolo Arrivabeni
Marina Franca, July 2000
DYNAMIC CDS 369/1-3

本来テノールに書かれたオテッロ役は、ロッシーニの関知しないところでは、ソプラノやメッゾソプラノによって歌われることがありました。このマルティーナ・フランカのイトリアの谷の音楽祭では、ジュディッタ・パスタやマリア・マリブランの例に倣って、ソプラノのイリーネ・ラティアーニがオテッロを歌っています。
ハッピーエンドで締め括った後、オリジナルの悲劇的結末も加えています。




1806 1810 1811 1812-1 1812-2
1812-3 1813-1 1813-2 1813-3 1814
1815-1 1815-2 1816-1 1816-2 1817-1
1817-2 1818 1819-1 1819-2 1820
1821 1822 1823 1825 1826
1827 1828 1829 appendix


ロッシーニ御殿目次

オペラ御殿 メインメニューに戻る